まぁやの花景色.⁺*

花が好きです。花日記。庭がないから、ガーデニングはできないけれど、切り花や植木で毎日たのしんでいます。

お久ぶりです、まぁやです♡
ここ2週間ほど、仕事の疲れが溜まってしまっていて
更新が滞ってました

夏バテとかかな??
時間はあったんですけれど、体力が足りてないです

その間もお花は生けていたので
撮り溜めしていたお花の写真たちを
今回は紹介していこうと思います♡

まずは白のガーベラから
やっぱりシンプルにガーベラは可愛らしいですよね
cinderella9
ソリダコとセットにすると爽やかな印象に
手前にぼんやりと映っている葉っぱは
「アイビー」です。ツル性の植物
thumbnail_IMG_1448
動きのあるツルを上手く生かして
円を描くようにして生けます

アイビーはかなり育てやすい植物で
水もそんなに沢山いらないし、耐陰性バツグン

インテリアとも相性がいいので
何か観葉植物育てたいけれど、面倒みれるか自信ないし
手間がかからない植物がいいなぁという方には
アイビーを育てることをおすすめします
thumbnail_IMG_1463
続いてこちらはヒマワリ
いつもよく見るヒマワリとは、また違いますよね
この咲き方を「八重咲き」といいます

中央によく見かける、大きな丸い茶色の円がないので
ダイナミックな印象、というよりは
ふんわりとして、インパクトはあるけれど
繊細な印象になります

ヒマワリは淡い黄色の「ホワイトナイト」や
ブラウンカラーの「チョコフレーク」など
色々なバリエーションがあって、案外面白いです
thumbnail_IMG_1148
ちなみに以前にブログで紹介した
こちらの写真の背景に移っている花もヒマワリ
「サンリッチライチ」という品種になります♡
ヒマワリにも色々種類があるものですね

また今度、色々な品種を集めて
ヒマワリ特集やろうかな♪



応援よろしくお願いします♡
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こんにちは、まぁやです♡
早いもので、7月になりましたね
コロナ自粛であまりお外遊びできなかったためか
あっという間に季節が過ぎてしまったように感じます

今日は、ただ花を生けるだけでなく
少しひと手間加えて、お花の染色をやってみました♡

今回つかったのはこちらのカスミソウ
thumbnail_IMG_1262
ふわっふわのブーケを入手できました♡
可愛いですね、鮮度がいいのか
触ると、とてもフワフワしています

今日は赤と青とピンクのリーフ液をゲットしたので
この子たちを染めてみます
thumbnail_IMG_1282
やり方は簡単♡
リーフ液につけて待つだけ

完成したものはこちら!
↓↓↓
thumbnail_IMG_1333
じゃじゃ~ん!
とっても可愛く仕上がりました♡
シンプルに白いカスミソウも可愛いですが
こうやって色を付けると、また雰囲気がらっとかわります

ちなみに、今回はカスミソウを染めてみましたが
バラやカーネーション、チューリップを
染めたものなどもお花屋さんで出回っています♡
thumbnail_IMG_1339
染めたカスミソウを使ったブーケ
ちなみに上の小さなバラも染色して色をかえました
実はもとは白だったんです♡

少ない花材でも、「染めて色を変える」
という選択肢があると、お花を楽しむ手法がひとつ増えて
楽しいものです


~おまけ~
thumbnail_IMG_1193
上の写真に写っている実物はこちら
「ペッパーベリー」です
胡椒のような香りがします

こちらも染色されたもので
青や紫、緑、黄色など色々な色が出回っています
色々な色のバリエーションがあるって楽しいですよね~
ペッパーベリーはドライフラワーにもなるので
結構長く楽しめます♡


応援よろしくお願いします♡

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こんにちは、まぁやです♡
今日は「お花を安く仕入れる方法」
というテーマで書いていきたいと思います

お花って生活に必ずしも必要なものではないし
無くても全然生きていけるけれど
あれば日常が色鮮やかになりますよね
3471503_s
だから、できればお花と一緒に暮らしたい
って思うけれど、花屋に行ってみたら
1本300円だとか500円だとか値段を見て
高って思って買うのをやめてしまったり

しかも、切り花だと寿命も短いので
毎回買いなおしていると
結構花代がかかります(涙)

なので、今回は少しでも安く入手するための工夫を
紹介していきます♡

①市場で購入する
一番安く花を仕入れることが出来る方法です♡
3138455_s
ただ、まとめ売りなので、ロットで購入しなければならず
また買参人として登録しなければならなかったり
20万程保証金の準備がいるので
あくまでお花屋さん向け


②花の激安サイトから購入
おすすめなのがコチラの方法
お花の激安店でまとめ買いします♡

有名どころは「ビックフラワー」さん
テレビ出演していたこともあるので、ご存じの方もいるかも
市場で仕入れたボリュームたっぷりのお花を即日発送してくれます

私も何度かお世話になっていますが
翌日の午前にはお花が届くので、本当に早いです
しかも鮮度がいい♡
thumbnail_IMG_1199
お勧めなのが「生花の福袋」
上の写真は実際に私が頼んだものですが
6~8品種ぐらいまとめて届きます♡

入っているものはランダムですが
薔薇や百合、アルストロメリア、ガーベラ、カーネーションが
入っていることが多いなどです

上の写真のものは送料込みで2,978円
小さな花も含めて、39本入っていたので、
一本当たり77円でした♡

届いたときにはあまりのボリュームの多さと
コスパの良さに満足いただけること間違いなし♡
部屋中花だらけにできます


③花のリテール「はなどんや アソシエ」
先ほどのビッグフラワーさんは、
銘柄を指定して買うことができないという弱点がありますが
「自分自身で購入する花を選びたい」
という方にお勧めするのは「はなどんやアソシエ」さん
お花のリテール売りをしてくれます
3519147_s
取り扱い品種がかなり豊富で
薔薇も何品種もある中から、自分好みの品種を選ぶことができます
あまりの品種の多さに驚かされます

以前は10本単位での購入でしたが
最近は5本からでも購入できるようになったので
かなり使いやすくなりました

また、生花だけでなく、ドライフラワー、造花
花瓶や植木鉢、吸水スポンジ、ラッピング資材など
お花に関するものは、ほとんど全てそろっているので
かならず気に入る商品が見つかるはず

デメリットは配送が遅いこと
注文してから取り寄せるのか、届くのに1週間近くかかります
ただ、お花の鮮度はばっちりで、今まで何度か利用していますが
痛んだ花が届いたことはありません


④安い花屋を自分の足で探す
地道ですが、色々な花屋を回り
安く売ってくれる店を探します

自分の足で探すので、手間はかかりますが
お気に入りのお店がきっと見つかるはず♡
1042548_s
その他、よく使う花は鉢で育てるようにして
いつでも手元にあるようにしたりするのも良いです

ドラセナだとかゼラニウムなど
どんな花にも合わせやすいものは鉢で育てると
量産できるし、コストも安いです

参考になれば幸いです♡


応援よろしくお願いします♡


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こんにちは、まぁやです♡
今日は花の紹介というよりお知らせです

インスタはじめました♪
アカウント名「maaya_hanageshiki」
https://www.instagram.com/maaya_hanageshiki/

ブログに載せずにボツにした写真等も
こっちで上げようかな、と思ってますので
今後ともどうぞよろしく♡

「ブログから来ました」等コメントつけて
フォローいただければ
フォローバックしに行きます♡

どうぞよろしく♪


~おまけ~
thumbnail_IMG_1148
テレワークの合間時間にさくっと焼いた「バナナマフィン」
(お昼休みの時間だったから別にサボったわけじゃない 笑)
レモンの汁も混ぜてしっとり甘やかに
thumbnail_IMG_1136
花を眺めながら食べるおやつは格別ですね
いいお昼が過ごせました♡


応援よろしくお願いします♡





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こんにちは、まぁやです
すっかり緑豊かな季節になりました
日差しもまだ強すぎるほどではないので
過ごしやすいですね
thumbnail_IMG_1119
今回は「お花を長持ちさせる方法」
というテーマで書いていきたいと思います♡

花を生けるのは、基本的には花瓶に挿せばOKなので
そんなに難しいことではありませんが

ちょっとしたコツを押さえているか否かで
切り花の持ちというのは、かなり大きく変わります

一つ一つのテクニックは決して難しくないので
是非押さえておいていただきたいです♡



①切り方は斜めに切る
IMG_3855
切り花は水が命
土から離された花は、吸水力が落ちてしまうので
少しでも水上がりが良くなるように
切り口を大きくしてあげる必要があります

茎に対して垂直にハサミをいれるのではなく
写真のように斜めにカットすれば
水との接面が大きくなるので水上がりがよくなります

また、茎を切るときは
普通のサハミではなく、切り花用のハサミを使うと
道管が潰れにくいため、花へのダメージが少ないです
(百均で買えます)

フローリストナイフ(写真の左側に写っているもの)があると
より鋭利な断面を作れるので、切り口がさらに広くなります

稀に、買ってきた花やもらった花が
翌日にはショゲちゃっていることがありますよね
アレは、水が下がっているからです

切り口を切り直して、また、場合によっては
茎を短く切り上げれば簡単に復活します♡

しょげた状態を放置してしまうと
寿命が縮むので、絶対ダメです



②花瓶の水を毎日変える
IMG_3853
花の水は毎日取り替えてあげてください
取り替えないとバクテリアが発生して
道管をつまらせてしまい、お花が痛みます
夏場は特にこまめに

水替えはの際には花瓶は洗剤で洗って
ぬめりをしっかりと落とします

また、葉が水に浸かっていると、バクテリアが発生しやすくなるため
水に浸かりそうな葉はあらかじめ取り除いてください


③切り花栄養剤を使う
IMG_3854
土から離れた花は養分が吸収できなくなるので
切り花栄養剤で栄養をあげてください

花屋で花を買ったら、大抵1つオマケでつけてくれます
自分で液を薄めるタイプと、袋分けされているタイプがありますが
私は薄める作業が面倒なので
Amazonで袋分けされて100個入りとかで
売られているのを使ってます

また、切り花栄養剤にはバクテリアの繁殖を防ぐ効果があるので
バクテリアの繁殖防止にも役に立ちます

切り花栄養剤が手元にない場合には、
漂白剤のキッチンハイターが代用できるそうなので
キッチンハイターを薄めて使ってください
殺菌効果でバクテリアを殺せます

切り花栄養剤は入れると入れないでは花持ちが大きく変わるので外せません♡
開花率も上がります♡
thumbnail_IMG_1118
以上①、②、③は絶対です♪
この3点が守れていないと、1週間以上持つ花も
3日でダメになってしまうことがありますので、是非実行してくださいね♡


折角の花をすぐにダメにしてしまうと、心が痛むものです
どれも簡単なことなので、そこまで負担はないはず
めいいっぱい可愛いがるためにも是非覚えておいてくださいね♡

その他にも「傷んだ花びらや葉を取り除く」
「直射日光を避ける」「涼しい部屋に置く」

なども大切なことなので頭に入れて
お花を楽しんでいただければと思います♪


応援よろしくお願いします♡


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ