こんにちは、まぁやです( *´艸`)♡今回は
「お見舞いにもっていくお花の選び方」
というテーマで
記事を書いていこうとおもいます

めったにあることではないですが
ごくまれに、友人や家族が急遽に入院することになり
お見舞いにいくことになる時がありますよね
4499414_s (1)
そんな時、少しでも気休めになるようにと
お見舞いの花を持っていこうと思うこともあるかと思いますが
いざ、そういう局面になったら
どんな花を贈ればいいのか
また、どういう花がNGなのか
最低限のことは知っておいた方が良いと思います
善意で送った花が、相手に思わぬ不快感を与えてしまってしまっては
悲しいですからね


まずNG例①ですが
「鉢植えの花」はNGです!!
4113276_s
鉢植えの花は「根が付く」とこから
「寝付く」という言葉を連想させ
病が長引くことを連想させてしまいます

「鉢植えの花」は綺麗でも
受取手が縁起が悪いと感じる可能性もあるので
控えた方が良いです


逆にどういう生け方の花がが良いのかというと
「アレンジメント」がおすすめです!
4446135_s
「アレンジメント」とは
切り花を束ねた「花束」ではなく
吸水スポンジ(深緑色のもの)に花を差し込んで
デザインしたものです

「アレンジメント」の最大の利点は
「花瓶が不要でそのまま飾れる」
という点です

花束を持っていくと
花瓶に差し替えなければいけませんが
わざわざ相手に花瓶を準備させるのは、手間ですし
花瓶がない、と困らせてしまう可能性があります

アレンジメントでしたら
バスケット等に初めから入っているので
そのまま飾ることができます


入院中はいつもと違う環境で生活することになるので
相手方の負担にならないよう配慮することが大切です


また、病院によっては
他の患者さんの体調を悪化させないために
花の持ち込み自体を禁止している病院もあるので
持ち込む前にあらかじめ確認をしておいた方が良いでしょう
(花につく緑膿菌という菌が感染症を引き起こす可能性がある為)

また、病室はあまり広くない可能性もあるので
大きなアレンジメントを贈られても迷惑になる可能性もあるので
コンパクトなサイズのものを選ぶ方が良いこともあります

NG例②「香りのきつい花」
4370334_s
2つ目の気を付けておいた方が良いポイントは
「花の香り」です

香りのきつい花は避けた方が無難です
病室は個室とも限らないですし
人によっては花の香りを嫌だと感じる人もいるので
強く香る花は避けておいた方が良いでしょう

具体的にはユリや水仙
フリージア、ストックなどです

ユリだとかは花粉が回りに落ちたりもするので
他の花にするのが無難です


NG例③「縁起の悪い事柄を連想させる花」

お見舞いにはタブーな花があります
これを知っておかないと
相手の気分を害する可能性がありますので
覚えておいてほしいです

まず有名なのが
「椿」
4182623_s
椿の花は美しいすが
花が散る時、花びらが散るのではなく
花ごとボトリ、と落ちます

この散り方が「人の首が落ちる様子」を連想させるので
お見舞いにもっていくのはふさわしくありません


「シクラメン」は音の響きから「死」と「苦しみ」を
「紫陽花」は色あせる様子が「病状の悪化」を
「菊」は「弔事」を連想させます

ここら辺の花は避けておかないと
慰めるために送った花が
相手に不快感を与える可能性がありますので
ご注意ください

NG例④「白、青、紫の花」
3569958_m
白や青、紫の花というのは
お悔みの際に送られたり
仏壇に供えられる花の色
でもあるので
お見舞いの花として選ぶ色としては
あまりよくありません

逆におすすめなのはオレンジや黄色の花です
334990_s
オレンジ色や黄色は
ビタミンカラーと呼ばれることもあり
疲労を回復させ、元気で前向きな気持ちを
呼び起こす効果があります

病気になってしまったときは
気分もふさぎがちなので
少しでも明るい気持ちになってもらうためには
オレンジや黄色などの
にぎやかな印象の色の花を選ぶと喜ばれるでしょう

具体的にはヒマワリやガーベラ等の花などが
おすすめです


先ほど、
白、青、紫の花はNGと書きましたが
本人の好きな花が青や紫の花であれば
個人的には別に贈っても良いとは思います
「○○さんが好きな花だから、この花を選んだよ」
ということを一言添えておけば、フォローできます

ただ、色の心理学的には
青や紫は気分を落ち着かせる効果があるので
相手が落ち込んでいて、それを
元気づけるという目的なら
やっぱりオレンジか黄色が適切かなと思います



白も悪くないですが、
白は清らかさや純潔という印象を表す色なので
花束になると、少し気高い感じがして
どちらかと言えば、緊張感のある気品がでてしまうので
お見舞い向きではないように感じます
また、花の形状によっては弔事を連想させることもあります



以上がお見舞いの花を選ぶ際の注意事項です
NGポイントを避ければ
贈った花が問題になることはないかと思われますので
是非参考にしてみてください