こんにちは、まぁやです
今回は、前回の記事の続きを書いていきたいと思います

前回の記事では、赤、橙、黄色の花束が
それぞれどういった場面や性格の人に似合うのか
ということを書かせていただきました。

今回はその続きで、
緑、青、紫の花束が人に与える印象
というテーマで書かせていただきます
4672158_s
色ごとにどういった印象を人に与えるのか
ということが理解できれば、その人の印象から
何色の花をプレゼントしたら似合うのかがイメージしやすくなります

花束を選ぶとき
「何色の花束を選べばいいのかわからない」
「あの人には何色の花が似合うのか」

いまいちピンとこない
というお悩みを持つ方には
今回の記事が参考になるかと思いますので
是非参考にしてみてください♡


本記事は、
何色の花束を選べばいいか迷ってしまう人向けの記事なので

「○○な人には何色の花が似合う」
「○○な場面には何色の花が合う」

という表記をしておりますが、
「○○な人」「○○な場面」に該当しないからと言って
似合わないわけでは全くないので
その辺の解釈は悪しからず

それでは本題に入りましょう♡
まずは、緑色から

緑色
thumbnail_IMG_0704
緑はとてもフレッシュな色
新鮮さや自然の力を感じさせます

緑色の花ってあまりイメージがわかない方が多いとは思いますが
薔薇や菊なども品種によって緑色のものがあったりします

その他、代表的なのは
スノーボールやテマリソウなどもですね

イメージワード
新鮮、若葉、自然
植物、爽やか、みずみずしさ
リラックス、癒し、安らぎ
健康、成長、エコ、調和


寒色でも暖色でもない中間の色で
白い花との組み合わせが特に相性が良いです

白×緑の組み合わせで
ウエディングのシーンにもよく合いますね

中間色という特性から「調和」の印象があり

「心を癒してくれる人」
「周りの人間関係を大切にして調整役に回ってくれる人」
「マイペースで天然な人」
によくに似合います

緑は安心感のある色なので
逆に、「積極的な人」や「活動的な人」にはあまり好まれない傾向のある色です


代表的な花
「スノーボール、アジサイ(黄緑)
アルケミラモリス、カーネーション(黄緑)、バラ(黄緑)
キク(黄緑)トルコキキョウ(黄緑)など」




青色
1704479_s
空、海、水、涼しさを連想する
代表的な寒色です

爽やかで涼し気な印象を与え
感情の高ぶりを抑える鎮静効果があり
知性や誠実さを連想させます


イメージカラー
涼しい、冷静、知性
明瞭、鎮静、平常心
落ち着き、集中、誠実
対話、生産性、ウエディング


気持ちを落ち着かせ、集中力を高める力のある色なので
「勉強や作業などを集中して進めたいとき」
などに飾ると効果的です


「知的に物事を考える人」
「落ち着きがあり、誠実な人」に似合います


また、西洋では昔から”Somethimg Blue”
というおまじないがあり
花嫁が結婚式で
何か青色のものを身に着けると幸せになれる
というい伝えから、青い花はウエディングでも人気だったりもします


食欲を抑制する色でもあるので
キッチンに添える花には合わないかもしれません


代表的な花
「アジサイ(青)、デルフィニウム、ニゲラ、
ブルースター、ムスカリ、リンドウ」




紫色
4550910_s
高貴で優雅で上品な印象を与える色です

活動的な赤と
落ち着かせる効果のある青の
両方が混ざった色が紫であることから
バランスがとれた色であり
心を落ち着かせる効果がある色です


イメージカラー
高貴、優雅、落ち着き
上品、エレガント、癒し
神秘的、知恵、瞑想


思慮深さや癒しを連想させる色で
スピリチュアルやセラピストなど、
「人を癒す仕事をする人」
「心の支えになってくれる人」

によく似あいます

赤と青の混ざりあいという
曖昧さから「ミステリアスで思慮深い人落ち浮いた人」にも合います


青も紫と同じく、
心を落ち着かせる効果がある色ですが、
青い花が
集中力を高め、
頭を明瞭にしてくれるような落ち着き
を与えてくれるのに対し、

紫の花は
悩みを取り除き、
心の平安をもたらすような落ち着き

を与えてくれます


人を慰める効果がある色なので、
落ち込んでいる人にさりげなくプレゼントするのにも
いい花なのかもしれません



代表的な花
「アイリス、アジサイ(紫)
カンパニュラ、キキョウ、クレマチス
スカビオサ(紫)、トルコキキョウ(紫)リンドウ」



今回は一旦ここまで
白とピンクの花に関しては
また次回以降の記事で書いていこうとおもいます



 応援よろしくお願いします♡