こんにちは、まぁやです♡
前回と、前々回の記事の続きです

「花束を色で選ぶ時のコツ」
についてをテーマに書いていきたいと思います
 
前記事はコチラ
「色彩から花束を選ぶコツ① ー赤、橙、黄色ー」
「色彩から花束を選ぶコツ② ー緑、青、紫ー」


色ごとにどういった印象を人に与えるのか
ということが理解できれば、その人の印象から
何色の花をプレゼントしたら似合うのかがイメージしやすくなります
3057992_s
花束を選ぶとき
「何色の花束を選べばいいのかわからない」
「あの人には何色の花が似合うのか」

いまいちピンとこない
というお悩みを持つ方には
今回の記事が参考になるかと思いますので
是非参考にしてみてください♡


本記事は
何色の花束を選べばいいか迷ってしまう人向けの記事なので

「○○な人には何色の花が似合う」
「○○な場面には何色の花が合う」

という表記をしておりますが、
「○○な人」「○○な場面」に該当しないからと言って
似合わないわけでは全くないので
その辺の解釈は悪しからず

今回の記事でラストになります

それでは本題に入りましょう♡
今回は白とピンクの花束の印象についてです

白色
3445030_s
全ての色の光を反射する色で
清らかで穢れのない印象を与える色です

宗教儀式や冠婚葬祭の場面でも
よく用いられます


イメージカラー
純潔、清らか、穢れの無い
ウエディング、葬式、はじまり
無垢、神聖、完璧
天使、浄化、美しさ、開放性


無彩色の色一点のくもりもないことから
穢れの無さや完璧さを連想させます

花束にすると、
気高く、背筋がピンと伸びるような改まった印象
になります



「心が清らかな人」「天真爛漫な性格の人」
「無垢で素直な人」などに良く似合います


また、白は始まりの色でもあるので
何か新しいことを始めようとしたり
気を引き締めようと思った時
に飾るのが効果的です


代表的な花
「アルストロメリア(白)、カーネーション(白)
ガーベラ(白)カラー、クチナシ
コチョウラン、スズラン、トルコキキョウ(白)
バラ(白)、ユリ(白)、マトリカリア、レースフラワー」



ピンク色
4590847_s
優しさや幸福感
恋愛感情を連想させる色です

女性ホルモンを活性化させる効果のある色で、美容に効果的であり
女性にとっては親近感のわきやすい色です


イメージワード
優しさ、思いやり、幸福
恋愛感情、女性、母性
美容、女の子、ロマンティック
可愛い、愛情、甘い、子供


やさしく、愛らしい印象から
「女性らしさのある人」「可愛らしいものが好きな人」
「思いやりがあり、優しい人」に似合います

また、恋愛感情を連想させる色で
なおかつ女性が好むことが多い色なので

「好きな女性にプレゼントする花」
としても最適です。


代表的な花
「桜、カーネーション(ピンク)、アスチルベ
ガーベラ(ピンク)コスモス、シャクヤク
シンビジウム、スイートピー(ピンク)
スモークツリー(ピンク)ダリア(ピンク)
チューリップ(ピンク)バラ(ピンク)」



今回はそれぞれの花の色が
どういう印象を与えるのかについて
まとめてみましたが、いかがでしたでしょうか
色彩に対する理解があれば
花選びも楽しくなると思うので
是非参考にしてみてください♡



 応援よろしくお願いします♡