まぁやの花景色.⁺*

花が好きです。花日記。庭がないから、ガーデニングはできないけれど、切り花や植木で毎日たのしんでいます。

こんにちは、まぁやです( *´艸`)♡今回は
「お見舞いにもっていくお花の選び方」
というテーマで
記事を書いていこうとおもいます

めったにあることではないですが
ごくまれに、友人や家族が急遽に入院することになり
お見舞いにいくことになる時がありますよね
4499414_s (1)
そんな時、少しでも気休めになるようにと
お見舞いの花を持っていこうと思うこともあるかと思いますが
いざ、そういう局面になったら
どんな花を贈ればいいのか
また、どういう花がNGなのか
最低限のことは知っておいた方が良いと思います
善意で送った花が、相手に思わぬ不快感を与えてしまってしまっては
悲しいですからね


まずNG例①ですが
「鉢植えの花」はNGです!!
4113276_s
鉢植えの花は「根が付く」とこから
「寝付く」という言葉を連想させ
病が長引くことを連想させてしまいます

「鉢植えの花」は綺麗でも
受取手が縁起が悪いと感じる可能性もあるので
控えた方が良いです


逆にどういう生け方の花がが良いのかというと
「アレンジメント」がおすすめです!
4446135_s
「アレンジメント」とは
切り花を束ねた「花束」ではなく
吸水スポンジ(深緑色のもの)に花を差し込んで
デザインしたものです

「アレンジメント」の最大の利点は
「花瓶が不要でそのまま飾れる」
という点です

花束を持っていくと
花瓶に差し替えなければいけませんが
わざわざ相手に花瓶を準備させるのは、手間ですし
花瓶がない、と困らせてしまう可能性があります

アレンジメントでしたら
バスケット等に初めから入っているので
そのまま飾ることができます


入院中はいつもと違う環境で生活することになるので
相手方の負担にならないよう配慮することが大切です


また、病院によっては
他の患者さんの体調を悪化させないために
花の持ち込み自体を禁止している病院もあるので
持ち込む前にあらかじめ確認をしておいた方が良いでしょう
(花につく緑膿菌という菌が感染症を引き起こす可能性がある為)

また、病室はあまり広くない可能性もあるので
大きなアレンジメントを贈られても迷惑になる可能性もあるので
コンパクトなサイズのものを選ぶ方が良いこともあります

NG例②「香りのきつい花」
4370334_s
2つ目の気を付けておいた方が良いポイントは
「花の香り」です

香りのきつい花は避けた方が無難です
病室は個室とも限らないですし
人によっては花の香りを嫌だと感じる人もいるので
強く香る花は避けておいた方が良いでしょう

具体的にはユリや水仙
フリージア、ストックなどです

ユリだとかは花粉が回りに落ちたりもするので
他の花にするのが無難です


NG例③「縁起の悪い事柄を連想させる花」

お見舞いにはタブーな花があります
これを知っておかないと
相手の気分を害する可能性がありますので
覚えておいてほしいです

まず有名なのが
「椿」
4182623_s
椿の花は美しいすが
花が散る時、花びらが散るのではなく
花ごとボトリ、と落ちます

この散り方が「人の首が落ちる様子」を連想させるので
お見舞いにもっていくのはふさわしくありません


「シクラメン」は音の響きから「死」と「苦しみ」を
「紫陽花」は色あせる様子が「病状の悪化」を
「菊」は「弔事」を連想させます

ここら辺の花は避けておかないと
慰めるために送った花が
相手に不快感を与える可能性がありますので
ご注意ください

NG例④「白、青、紫の花」
3569958_m
白や青、紫の花というのは
お悔みの際に送られたり
仏壇に供えられる花の色
でもあるので
お見舞いの花として選ぶ色としては
あまりよくありません

逆におすすめなのはオレンジや黄色の花です
334990_s
オレンジ色や黄色は
ビタミンカラーと呼ばれることもあり
疲労を回復させ、元気で前向きな気持ちを
呼び起こす効果があります

病気になってしまったときは
気分もふさぎがちなので
少しでも明るい気持ちになってもらうためには
オレンジや黄色などの
にぎやかな印象の色の花を選ぶと喜ばれるでしょう

具体的にはヒマワリやガーベラ等の花などが
おすすめです


先ほど、
白、青、紫の花はNGと書きましたが
本人の好きな花が青や紫の花であれば
個人的には別に贈っても良いとは思います
「○○さんが好きな花だから、この花を選んだよ」
ということを一言添えておけば、フォローできます

ただ、色の心理学的には
青や紫は気分を落ち着かせる効果があるので
相手が落ち込んでいて、それを
元気づけるという目的なら
やっぱりオレンジか黄色が適切かなと思います



白も悪くないですが、
白は清らかさや純潔という印象を表す色なので
花束になると、少し気高い感じがして
どちらかと言えば、緊張感のある気品がでてしまうので
お見舞い向きではないように感じます
また、花の形状によっては弔事を連想させることもあります



以上がお見舞いの花を選ぶ際の注意事項です
NGポイントを避ければ
贈った花が問題になることはないかと思われますので
是非参考にしてみてください



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こんにちは、まぁやです♡
今日は「お花を安く仕入れる方法」
というテーマで書いていきたいと思います

お花って生活に必ずしも必要なものではないし
無くても全然生きていけるけれど
あれば日常が色鮮やかになりますよね
3471503_s
だから、できればお花と一緒に暮らしたい
って思うけれど、花屋に行ってみたら
1本300円だとか500円だとか値段を見て
高って思って買うのをやめてしまったり

しかも、切り花だと寿命も短いので
毎回買いなおしていると
結構花代がかかります(涙)

なので、今回は少しでも安く入手するための工夫を
紹介していきます♡

①市場で購入する
一番安く花を仕入れることが出来る方法です♡
3138455_s
ただ、まとめ売りなので、ロットで購入しなければならず
また買参人として登録しなければならなかったり
20万程保証金の準備がいるので
あくまでお花屋さん向け


②花の激安サイトから購入
おすすめなのがコチラの方法
お花の激安店でまとめ買いします♡

有名どころは「ビックフラワー」さん
テレビ出演していたこともあるので、ご存じの方もいるかも
市場で仕入れたボリュームたっぷりのお花を即日発送してくれます

私も何度かお世話になっていますが
翌日の午前にはお花が届くので、本当に早いです
しかも鮮度がいい♡
thumbnail_IMG_1199
お勧めなのが「生花の福袋」
上の写真は実際に私が頼んだものですが
6~8品種ぐらいまとめて届きます♡

入っているものはランダムですが
薔薇や百合、アルストロメリア、ガーベラ、カーネーションが
入っていることが多いなどです

上の写真のものは送料込みで2,978円
小さな花も含めて、39本入っていたので、
一本当たり77円でした♡

届いたときにはあまりのボリュームの多さと
コスパの良さに満足いただけること間違いなし♡
部屋中花だらけにできます


③花のリテール「はなどんや アソシエ」
先ほどのビッグフラワーさんは、
銘柄を指定して買うことができないという弱点がありますが
「自分自身で購入する花を選びたい」
という方にお勧めするのは「はなどんやアソシエ」さん
お花のリテール売りをしてくれます
3519147_s
取り扱い品種がかなり豊富で
薔薇も何品種もある中から、自分好みの品種を選ぶことができます
あまりの品種の多さに驚かされます

以前は10本単位での購入でしたが
最近は5本からでも購入できるようになったので
かなり使いやすくなりました

また、生花だけでなく、ドライフラワー、造花
花瓶や植木鉢、吸水スポンジ、ラッピング資材など
お花に関するものは、ほとんど全てそろっているので
かならず気に入る商品が見つかるはず

デメリットは配送が遅いこと
注文してから取り寄せるのか、届くのに1週間近くかかります
ただ、お花の鮮度はばっちりで、今まで何度か利用していますが
痛んだ花が届いたことはありません


④安い花屋を自分の足で探す
地道ですが、色々な花屋を回り
安く売ってくれる店を探します

自分の足で探すので、手間はかかりますが
お気に入りのお店がきっと見つかるはず♡
1042548_s
その他、よく使う花は鉢で育てるようにして
いつでも手元にあるようにしたりするのも良いです

ドラセナだとかゼラニウムなど
どんな花にも合わせやすいものは鉢で育てると
量産できるし、コストも安いです

参考になれば幸いです♡


応援よろしくお願いします♡







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こんにちは、まぁやです♡
今回は以前から何度かブログで取り上げている
「お花の定期便」というサービスを活用する際の
メリットとデメリットについて
紹介していきたいと思います

個人的には、どんな花が来るか
楽しみで大好きなサービスですが
使ったことがない方には、本当に自分に合うサービスなのかどうか
確信が持てないと思うので、
今回はメリットだけでなく
デメリットの方についてもしっかりお話していこうと思います♡
2238538_s
まず、「お花の定期便」とは
週に1度や月に2回などの頻度で自宅まで花を届けてくれるサービスです♡
定期便なので、花屋に行かなくても花が入手でき
わざわざ花屋に行かなくても
「花のある暮らし」を体験できます

また、ポストや宅配ボックス配達も可能なので
不在時にもしっかり受け取れます♡


「お花の定期便」の各社のレビューについては
別記事で載せていますのでコチラもどうぞ
medelu →FLOWER


メリットは4点♡

①花屋に行く必要がない
定期便なのでわざわざ花屋に買いに行く必要がないので忙しい人に最適です
花屋に行きたいけれど、仕事の関係上、土日くらいしか行けない
だとか、日々の暮らしで手一杯で、精神的・体力的に
花屋に通う余裕がない人にはとっても便利
2688092_s

また、花屋にいっても、どんな花を買えばいいのかわからない、という人
何となく、花屋って敷居が高くて、入りにくい、と感じている方にも
定期便なら気楽です


②常に「花のある暮らし」ができる

お花って、永遠に咲き続けてくれるものではありません
だから、「花のある暮らし」をしようと思うと
常に新鮮な花を入手する必要があります
2159584_s

1回や2回、花屋に足を運ぶのは簡単でも
毎週となると、人によっては難しくなってきますよね

そうなると、買い忘れが出てきて
気が付いたら「花のない暮らし」
に戻っていたりするわけです


定期便だと定期的に届くので
買い忘れにより、「花のない暮らし」に戻ることを防げます

もちろん、「お花を受け取れない週もあるので、常に届くのは困る!」
という方もいると思いますが
そういう方向けには、「スキップ機能」というのがあるので
旅行に行ったりで受け取れない週は、
配達を止めてもらうことなどが可能です


③知らない花と出会える

自分でチョイスするわけではないので
見知らぬ花と出会うことができます♡♡
3519147_s
初めて見る花だったり、自分じゃ多分買わないだろうな
という花、普段見かけない珍しい品種の花が届くこともあるので
「こんな花があったんだ!」
という感動を味わえます

また、花も名前もわかるようにしてくれているところが殆どなので
色々なお花の名前を覚えることができ
世界が少し広がります

また、「次はどのようなお花がくるのだろう」
というワクワク感も、忘れちゃいけないポイント


④花を飾ることにより、部屋が明るくなる
これは、定期便を利用するメリットというよりは
花を飾ることのメリット化も知れませんね

お花って飾ってみると、すぐ実感できると思いますが
その空間を明い雰囲気に変える力が、非常に強いです
3471503_s
何でもないはず普通の空間でも
花があれば、パッと華やぎます

これ、実は非常に大切なことです
明るい雰囲気の空間で暮らすということは
メンタル的に非常に良くて
気分の落ち込みを防いだり、ストレスを緩和することができます

花を眺めていると、少しだけ心が癒され
心に余裕や、前向きな気持ちが湧いてくるのです

また、花を飾るのは風水的に良い、といわれていますので
運気の上昇にもつながります



次に、「お花の定期便」のデメリットについてです
デメリットは3点


①送料がかかる
まぁ、当たり前のことですが、配達してもらうので
送料がかかりその分割高になります
2624033_s
送料を取るか、利便性を取るか、ですね
私は仕事で買い物に行ける時間が限られるので
送料<利便性なので
気にならないのですが、送料分割高
というのはデメリットとしてあります


②鮮度が落ちた状態で届くことがある
これも、配達であるがゆえの弱点
お花にとっても配送というのは負荷がかかってしまうことなので
花屋で直接買ってくるよりも、鮮度が落ちた状態で届く可能性もあります
3500557_s
大概のサービスには切り花栄養剤がセットでついてくるので
それを使って茎を切りなおしてあげれば
すぐに元気なるので、私の実体験としては
困ったことは、そこまでないのですが
1本、2本、痛んでるなと思って処分したり
一部を切り落とすなどの処置をしたこともあるので
配送業者も気をつけてくれているとは思いますが
そういうこともたまにはある、ということは念頭に置いておいてもいいかもしれません


③好みじゃない花が届くこともある
私はどんな花もウェルカム♡なので
届いた花が嫌だと思ったことは1度もないのですが
もしかしたら、人によっては
「あ、今回の花はあまり好きではないな」だとか
「どうせお金を払うなら、自分の好みにピッタリ合う花でなければ」
と思う方もいらっしゃるかもしれません
2496577_s
「どんな花が届くかは、届いてからのお楽しみ♪」
というワクワク感と表裏一体になっている
デメリットです

好みの花だけ届けてほしい
という方は、自分で花束を選べるタイプや
好みの花がなければ、スキップできる定期便もあるので
そっちの方がいいのかも


お花の定期便を利用するメリット、デメリットは以上です♪

「多少コストはかかってでも、花のある暮らしいたい」

「でも、毎回買いに行くのは大変だから
勝手い送ってきてほしい」


という方には最適かと思いますので
是非お試しあれ♡

参考になれば幸いです


応援よろしくお願いします♡


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こんばんは、まぁやです
最近は本業の仕事に再復帰するようになり
更新時間が遅くなりがちです
今回は久しぶりにハンドメイドをやりました
造花のブーケです♡
thumbnail_IMG_0659
英字のペーパーでラッピング
紫と茶色の中間色のリボンで結びました♡
ラベンダーカラーなカーネーションをベースに
ピンクと白の小花
thumbnail_IMG_0665
グリーンとしては
コーディラインとパンパスを使用
アップでみると、本物の花みたいですね
ピンクと紫の中間色は
落ち着いた色気があって素敵です
thumbnail_IMG_0668
ちょっぴっり、おとなしめな、あの子に
持たせたくなるデザインです
照れ隠しか、少し困った
表情をしながら受け取ってもらいたい

ラッピングの部分を外して
花瓶にいれてかざるのもアリ

アーティフィシャルフラワーは水がいらないから
どこにでも飾れるていうのがいい



応援よろしくお願いします♡


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

おはようございます、まぁやです♡
今回作ったアレンジはこちら
thumbnail_IMG_3611
ピンク色のバラを中心に生けました
前使った花材がまだ残っているので、それらを活用♪

バラの品種は「シャンスポム」
優しい気持ちになれる、丸咲きです

外側にむかって、色が濃くなるグラデーションが
女性らしい気持ちを引き出してくれます♡
thumbnail_IMG_0424
左右にちょこん、と
ピンクと白のカーネーションを添えて

背後はフワフワのアスチルベで
高さを出します

このアスチルベはまだ入手したての物だから
よく見ると、まだ蕾の部分が多いけれど
完全に開花すると
より淡いピンク色になり
より儚く、優しい印象になります
thumbnail_IMG_3632
ピンク色のアスチルベは
まぁやのお気に入りの花の一つです♡
皆さんも、花屋で見かけたら
是非飾ってみてください♪


そして
これを洗面所に飾ります
毎朝身だしなみを整える洗面所に
こういうピンク色の優しい雰囲気の花が飾ってあると
気持ちもだいぶ明るく
そして前向きになれます
thumbnail_IMG_0430
花を愛でると女性らしい気持ちになれますが
ピンク色の花は特にそうです


忙しくて、心に余裕がない方や
慌ただしい日々を過ごしていいる方は
是非ピンク色の花を飾ってみてください♡

忙しい毎日のなか、置き去りになっていた
優しい心を取り戻すことができます



また、洗面所というのは
風水では、女性の美容運を上げる場所なので
ここに綺麗な花があると、運気上昇につながるといいます
きっと幸せを呼び寄せてくれるはずです


是非試してみてください♡
thumbnail_IMG_0432
最後に、まぁやのお気に入りの洗面所スポット紹介
ブーケ用のリボンが余っていたので
タオル掛けに結んでみると可愛かった♡

中央に垂れ下がっているのは
クリスマスの時期に出回っていたオーナメント
季節関係なく使えました♪


応援よろしくお願いします♡




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ